一般財団法人地域活性機構

タイトル・事業内容

事業概要

地域活性学会との連携により、地域活性化に関わる斬新で有効な研究結果を効率的に活用することができ、それにより各地域に合った具体的な地域活性化施策の展開が可能となります。地域活性機構に参加するような様々な 分野のメンバーが、それぞれの得意領域でのノウハウを積極的に提供する事により、従来地域だけでおこなってきた取組みの枠が大きく広がることとなり、今までにない ソーシャルビジネス、コミュニティビジネス型の地域活性 化も可能となります。地域活性機構は、既存の統計デー タにとどまらず、いわゆる地域ビッグデータを積極的に活用した地域分析をベースに、地域問題を定量的に明らかにし、活性化施策のプライオリティーを提示します。地域 住民参加型の活性化手法に精通したスタッフにより、地域ステークホルダー参加型の問題構造の可視化と具体的解決策の提示をおこないます。

事業手法などの例

1. eラーニング、アクティブラーニングなどを通じた地域活性化を担う人材の育成
2. ふるさと納税、クラウドファンディング等ファイナンス手法の提案
3. 地域ステークホルダー参加型施策の理論と方法の開発、地域での実施
4. 農都共生手法の開発と地域への提案
 ・ 伝統野菜を中心とした地域農産物の認知・価値向上、域外流通拡大
 ・ コミュニティメディア「 Cook Nippon ! 」プロジェクトの設立・運営
5. 観光DMC( Destination Management Company ) 組成の方法開発と地域への提案
6. 多世代交流によるまちづくりの理論と方法の開発
7. 地域ビッグデータの多角的分析による地域商業、観光業等の活性化策の立案


 Top